50代になると、歯茎がやせてきて、虫歯や歯槽膿漏になりやすくなります。

特に50代女性は、それまで家事や育児、親の介護、仕事など、毎日フル回転!自分のことはついつい後回しになってしまいがちです。

口腔ケアも簡単に歯磨きするくらいにしていると、気づいたときには、虫歯がひどくなっていたり、歯槽膿漏で歯がぐらついていたりと、長期の歯医者通いを余儀なくされる方も増えています。

とはいえど、1日3回、毎回30分以上なんか、歯磨きに時間を取っていられないわ~という方に、口腔ケアに便利で効果的なグッズをご紹介いたします。

怖い歯周病!歯周病について知ろう

50代以上の方の約半数は、歯槽膿漏(歯周炎)にかかっていると言われています。加齢とともに、歯周病になりやすくなると、歯茎がやせて下がってきて、歯の根元の虫歯になりやすくなったりします。また冷たいものが染みやすくなる知覚過敏の状態になりやすくなります。

実は、このような歯の痛みなどの自覚症状が出たときは、相当、歯槽膿漏が進んだ状態になっていたりします。

初期の歯周病の場合は、自覚症状がないので、ついつい見落としがちになってしまいます。

また、歯周病が怖いのは、単に歯の問題だけじゃないからです。

最近の研究では、口腔内の細菌が、アルツハイマー病などの認知症を引き起こすとも言われています。他にも、口腔内に潜む歯周病菌が身体の中を巡るため、さまざまな病気を引き起こす原因ともなっているという研究結果も出ているそうです。

特に年齢を増したら、口腔ケアには、気を付けていきましょう。半年に1回は歯科医で検診を受けるようにしましょう。

歯科医を選ぶときは、できたら、口腔外科のある歯科医を選ぶと、他の口腔内の疾患も見つけてもらいやすくなります。最近、芸能人の病気でも耳にした舌癌などもあります。実際に歯科通院していて、偶然、見つけてもらったという方もおりますので、歯医者さんとは仲良くしていきましょう。

アプリと連動する電動歯ブラシで磨き残しをチェック!

電動歯ブラシでしっかり磨いているから大丈夫という方もおられるかと思いますが、磨き残しは大丈夫でしょうか?案外、電動歯ブラシを歯に当てているということに満足して、実は、しっかりと磨けていなかったということもあるのです。

ご紹介するのは、磨き残しゼロを目指す、アプリと連動する電動歯ブラシ、スマートトラッキングです。

スマートトラッキング電動歯ブラシは、スマホにアプリをインストールして使用します。

16エリアのブラッシングの場所をしっかり検知して、磨いてない部分を表示してくれます。ブラッシングモードも5種類あり、その部分のニーズに合わせて磨き方を選択できます。

歯のステインもきれいに落としてくれるホワイトモードがあるので、自然な白さも取り戻せそうです。

1回の充電で1か月は持つというのもうれしいところです。従来の電動歯ブラシに比べるとスタイリッシュで軽いので旅行など持ち運びも楽々です。

電動歯ブラシに関心がある方、買い替えを考えていらっしゃる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ころころ歯ブラシでオーラルケア

電動歯ブラシは苦手という方もおりますよね。そのような方には、従来の歯ブラシの形とは異なった、ローラー式歯ブラシ、ころころ歯ブラシを試してみましょう。

京都やまちやの「ころころ歯ブラシ」は、5か国の国際特許を取得した回転ブラシです。4000本以上の高密度極細の毛がやさしく歯を磨き、歯茎のマッサージも同時に行います。

まだ普通の歯ブラシしか使ったことがないという方は、ぜひ、一度試してみてください。だんだんと歯茎がスッキリしてくることに気づかれるでしょう。

歯の黄ばみが気になる方へ

50代女性の中では、歯の黄ばみが気になって、口を開いて笑えないという方も案外多かったりします。

コーヒーや紅茶などのステインは、歯に染み付きやすく、毎日磨いていても、だんだんと歯が黄ばんできてしまいます。

かといって、歯のホワイトニングに通う時間もないわという方に、自宅でできるホワイトニングのための歯磨きがあります。

@cosmeでも評判なホワイトニングジェル「リュミエールブランネージュ」です。

研磨剤を使用していない、ステインをはがしていくホワイトニングジェルです。歯に優しいステイン除去成分を使用しているので、ブラッシング効果だけで歯を傷つけずにステインをはがしていきます。

インプラントなど人口の歯にも使用できます。

歯の黄ばみが気になる方は、ぜひ、試してみてくださいね。

まとめ

人生100年時代に突入している現代、健康に自分の歯を保ち、いつまでもおいしく食事をいただきたいですね。健康を保つのは食事からですから、歯の健康は必須です。50代は人生の折り返し点、歯の健康もしっかり見直していきましょう!