真っ白な雪に覆われた銀世界で行われる雪祭りや火祭りは、とても幻想的で美しく見ごたえがあるとともに心が癒されます。

2020年冬に東北で行われる雪祭りや火祭りについてご紹介いたします。

2020年冬 青森県 雪祭り・火祭り

あおもり雪灯りまつり

期間:1月24日(金)~1月26日(日)

会場:ねぶたの家ワ・ラッセ西の広場

住所:青森市安方1-1-1

JR青森駅前のねぶたの家ワ・ラッセ西の広場から青森市中心市街地で雪とキャンドルの雪明りが数多く設置されます。

暗闇に浮かぶ雪の白さとろうそくの灯りが幻想的な風景を醸し出します。

詳細はこちら

弘前城 雪灯籠祭り

期間:2020年2月8日(土)~2月11日(火祝)

会場:弘前公園

みちのく五大雪まつりのひとつが弘前城雪燈籠まつりです。

雪化粧した天守と老松がライトアップされて、幻想的な風景を醸し出します。

本丸から蓮池の周辺には、ローソクを灯したミニカマクラ約300基が並び、

雪と光のファンタジーの美しさを楽しめます。

また、四の丸の会場に、歴史的建造物などをかたどった大雪像なども作られ、雪の風景を存分に味わい楽しむことができます。

詳細はこちら

2020年冬 秋田県 雪祭り・火祭り

なまはげ柴灯(せど)まつり

期間:2020年2月7日(金)~2月9日(日) 18:00~20:30

会場:秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97 真山神社 

900年以上前から毎年1月3日に真山神社で行われている神事「柴灯祭(さいとうさい)」と、民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事となっています。

雪の中、真山神社境内に焚かれた柴灯火をバックに迫力あるなまはげの乱舞には感動します。男鹿のなまはげは2018年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

詳細はこちら

横手かまくら

期間:2020年2月15日(土)~2月16日(日)

会場:横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り

横手のかまくらは水神様をまつる小正月の行事として約450年の歴史があるそうです。

かまくらは、もともとは、かまくらにまつられた水神様に家内安全や五穀豊穣などを祈願するために作られていました。

横手のかまくらの雪祭り中は、横手市内に80基ものかまくらが作られて、かまくらの中で甘酒などがふるまわれます。

詳細はこちら

火振りかまくら

期間:2月13日(木)~2月14日(金)

場所:2月13日(市営桜並木駐車場)、2月14日(角館町内各所)

角館町の火振りかまくらは、無病息災や家内安全などを祈る小正月の行事として、行われてきました。

火振りとは、炭俵に1メートルくらいの縄を付け、その俵に火を付けます。

縄を持ち、火が付いた俵を持ち手の体の周りをぐるりと振り回し、火の輪を作ります。

雪の中で、いくつもの火の輪が踊る情景は、とても幻想的です。

詳細はこちら

小安峡しがっこ祭り

期間:2020年2月上旬

場所:小安峡河原湯橋周辺

小安峡谷にできる巨大つらら(しがっこ)は祭の期間中にライトアップされます。

また、氷の彫刻が作られ、また雪と彫刻でつくられるアイスバーでは、オリジナルカクテルなどを味わえます。雪と氷の幻想的な雰囲気が、カップルなどにも大人気となっています。

詳細はこちら

いぬっこ祭り

期間:2020年2月8日(土)~2月9日(日)

場所:湯沢市総合体育館周辺

秋田県湯沢市沖鶴字沖鶴140

いぬっこ祭りは、湯沢市で400年続いている伝統行事です。

昔、人家を襲う大盗賊を湯沢の殿様が退治しました。

そのあとにまた、悪党が現れないように、米粉で小さな犬や鶴亀を作り小正月(旧暦)の夜に、家の入口や窓の隅などにお供えしたという風習があったそうです。

そこから、犬の雪像を作る、いぬっこ祭りが始まったといわれています。会場には大きな犬や社の雪像が作られます。

詳細はこちら

 

2020年冬 岩手県 雪祭り・火祭り

いわて雪祭り

2月の初旬に行われるいわて雪祭りは、2020年で53回目を迎えます。

およそ10日間にわたり開催されていて、複数の会場で、雪像コンテストや花火やスノートレッキングなど雪を体験する行事など、数多くのアクティビティが行われています。

詳細はこちら

2020年冬 山形県 雪祭り・火祭り

笹野観音十七堂祭

期間:2020年1月17日(金)

場所:長命山幸徳院笹野寺

山形県米沢市笹野本町5686-5

午後2時よりご祈祷が行われ、山伏たちによる火渡りの荒行があります。

一般の方も、火渡りに参加できます。

詳細はこちら

上杉雪灯籠まつり

期間:2020年2月8日(土)~2月9日(日)

会場:松が岬公園一帯

約300基の雪灯篭と、1,000個の雪ぼんぼり(雪洞)が作られ、ろうそくの灯がともされます。

雪の中でろうそくのやわらかい灯りがゆっくり揺らいでいて、温かみのある幻想的な美しさに、心が魅かれます。

またキャンドルゾーンでは、色とりどりのキャンドルに灯がともり、鮮やかな色彩とろうそくの灯りのファンタジーが楽しめます。

詳細はこちら

月山志津温泉 雪旅籠の灯り

期間:前半 2月下旬 後半3月上旬

会場:月山志津温泉街内

山形県西川町志津地区 

月山志津地区は四百年以上前から三山行者の宿場町として栄えてきました。

冬は6mもの積雪があることもあり、雪を利用したおまつりを始めて14回目となります。

雪で旅籠の街並みを再現し、見ごたえのある雪像と灯された雪あかりが幻想的な街並みとなり、感動します。またアイスバーも作られ、幻想的な雰囲気の中で飲むドリンクは最高の味わいです。

詳細はこちら

 

2020年冬 宮城県 雪祭り・火祭り

青根温泉雪あかり

期間:2020年2月9日(日)

会場:「青根温泉雪あかり」特設会場(青根児童公園周辺)

宮城県柴田郡川崎町青根温泉9-1

みやぎ蔵王の青根温泉での1夜限りの雪祭りです。

雪でたくさんの祠をつくり、ろうそくを灯し、雪の中に広がる幻想的な雪あかりを楽しみます。

詳細はこちら

2020 福島県雪祭り・火祭り

会津絵ろうそくまつり~ゆきほたる~

期間:2020年2月8日(土)~2月9日(日)

会場:鶴ケ城、御薬園、市内各所

福島県会津若松市追手町1-1ほか

伝統ある会津絵ろうそくが約5000本が鶴ヶ城や会津市内に灯されます。

鶴ケ城では、期間中は、夜間登閣ができます。

雪降る夜に、鶴ヶ城の天守閣から絵ろうそくでかたどられた雪景色は幻想的な美しさで胸を打ちます。

詳細はこちら

雪と火のまつり

期間:2020年2月8日

場所:三島町町民運動場

福島県大沼郡三島町大登

国の重要無形文化財に指定されている「三島のサイの神」にちなんだ伝統行事です。

雪の中にサイノカミの炎が高く立ち上り、ともに夜空に打ち上げられる花火がとても幻想的です。

詳細はこちら

 

まとめ

1月2月において、特に旧小正月の行事として2月には、東北の各地で雪祭りや火祭りが行われます。雪の中に浮かぶ幻想的で美しいともしびの数々に感動します。

ぜひ訪れてみてくださいね。