旅行好きの方は、そろそろ来春のプランを考えているのではないでしょうか。

旅行会社から送られてくるパンフレットにも、桜の名所を巡るツアープランの案内も目に付くようになってきました。

さて桜といっても、数多くの品種があります。それぞれ品種によって咲く時期も異なるので、1月下旬ころから5月中旬ころまで、日本列島では長い期間、さまざまな種類の桜を目にすることができます。

ここでは1年の始めに真っ先に咲く、いわゆる「早咲き桜」といわれている桜について、早咲き桜の名所とともにご紹介いたします。

‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌ ‌

早咲き桜とは

日本の桜といえば、「ソメイヨシノ」ですね。

ソメイヨシノの開花期は、通常お花見といわれる時期、3月後半からになりますが、通称「早咲き桜」と言われているのは、1月~3月初めに咲く花のことさしています。

早咲き桜として有名な桜をご紹介いたします。

寒緋桜 (カンヒザクラ)

1月から2月上旬に花が咲きます。花の形は特徴があり、釣り鐘状の花の形です。

沖縄でよくみられる桜で、沖縄の桜として、寒緋桜が有名です。

寒桜(カンザクラ)

1月中旬から咲き始めます。

熱海が名所といわれており、別名アタミサクラともいいます。

河津桜(カワツザクラ)

1月下旬から2月上旬に花が咲きます。花の色はソメイヨシノよりも赤みかかっています。

伊豆の河津町では、毎年河津桜まつりが開催されます。

おかめ桜(オカメザクラ)

イギリス生まれの早咲き桜です。紫紅色の濃さが目立つ花で下向き咲きます。

2月下旬から3月上旬にかけて咲きます。

小田原市根府川地区では、おかめ桜を中心とした桜の里づくりをしていて、毎年3月上旬に根府川おかめ桜まつりが開催されます。

早咲き桜のお花見スポットをご紹介!

それぞれ地域に根付いた「早咲き桜」をソメイヨシノのお花見前に、春を先取りして楽しみたいですね!

特に早咲き桜の名所として有名なのが静岡県です。

こちらでは静岡県の早咲き桜の名所と周辺観光についてお伝えします。

あたみ桜 静岡県熱海市

あたみ桜の開花時期は1月中旬から2月上旬となり、1月下旬には七分咲きとなります。開花期間も1か月ほどと長く咲き続けるので、長くお花見を楽しめます。

1月中旬から2月中旬にかけて、「あたみ桜糸川桜まつり」が開催されます。

熱海市内では、糸川遊歩道以外でもあたみ桜が見られます。

熱海海浜公園では海を眺めながら、あたみ桜が見られます。

また、熱海梅園前の市道にも、あたみ桜があり、梅の開花時期と重なるので、梅と桜の両方を楽しむことができます。

熱海の温泉につかりながら、熱海の海と早咲き桜を新年早々楽しめます。

河津桜 静岡県河津町

毎年2月中旬の河津桜が見ごろになるあたりから「河津桜まつり」が開催されます。

定番スポットは河津川沿いの桜並木。

河津川上流にある豊泉橋やかわづいで橋などから見渡せる桜並木も見ごたえがあります。

夜桜ライトアップもされますので、周辺の温泉に宿泊して、ゆっくり温泉につかりながら、早咲き桜を堪能したいですね。

地元には河津浜温泉、今井浜温泉、谷津温泉などの温泉地があります。

また下田、伊豆高原や伊東、熱海など、周辺に温泉名所がたくさんあります。

河津桜 静岡県南伊豆町

2月中旬から河津桜が見られる「みなみの桜と菜の花まつり」が開催されます。

南伊豆町で早咲き桜と菜の花の競演が見られます。

河津桜というと河津町が有名で混雑しますが、南伊豆町はまだ穴場スポットとしてゆったりと見られるかもしれません。

下賀茂温泉でのんびりしながら、ジオパークや千畳敷などの観光名所も楽しめます。

 

河津桜 静岡県浜松市佐鳴湖公園

佐鳴湖公園では90本の河津桜があり、特に佐鳴湖漕艇場から南岸にかけてのあたりに河津桜が62本あり、湖を背景とした河津桜を2月中旬から楽しむことができます。

また、北岸管理棟付近においては、早咲き桜として有名な寒緋桜も見ることができます。

佐鳴湖公園には、他に大島桜、山桜、ソメイヨシノ、八重桜、枝垂桜など、700本ほどの桜の木があり、2月中旬から4月中旬まで、約2か月間にわたり、さまざまな種類の桜を楽しむことができます。

さくらまつりは、ソメイヨシノの開花にあわせて3月下旬から4月上旬に開催されます。

佐鳴湖公園と同じ西区内には舘山寺温泉があります。

舘山寺温泉のそばに「はままつフラワーパーク」があり、四季折々の花々の他に、温室や大噴水ショー、30ヘクタールの広大な園内を1周できるフラワートレインなどが楽しめます。

おおかん桜 静岡県伊東市伊豆高原

伊豆高原駅からすぐの3㎞にわたる桜並木では、早ければ3月上旬から、おおかん桜が満開になります。

また、伊豆高原の大室山には、「さくらの里」があり、ここでは、9月から5月まで約40種類1,500本もの桜が咲き続けます。

伊豆高原駅前のおおかん桜の桜並木が満開になる時期は、さくらの里の伊東桜もほぼ満開となり同時に楽しめます。

伊豆高原駅周辺には、数多くの温泉や、美術館、または断食道場などもあり、早咲き桜とともにいろいろと観光も楽しめます。

まとめ

1月下旬から楽しめる早咲き桜とともに、温泉にゆったりとつかりながら、静岡県内の観光もしっかりと楽しむ旅はいかがでしょうか。

花の開花を追いながら、旅の計画を立てるのも楽しいですよね。

最近では、各地の観光協会では、桜の開花模様をライブ中継しているところもありますから、開花状況を確かめながらのピンポイントで訪れることもできるのがうれしいですね。