趣味で一眼レフのカメラで写真を撮っている方や、ムービーで動画を撮影したりしている方もいらっしゃるでしょう。今では、スマホでも簡単に動画が撮影できますね。

何気なく撮ったスクープ映像やお気に入りの画像が、他の方の目に留まり収入になることもあります。

写真や動画を収入にする方法についてお伝えします。

写真が収入になる!

最近ではネットのHPで使用する画像を探している会社も多く、さまざまなジャンルの写真を集めて販売している会社があります。

そのような写真販売サイトに登録をして、自分が撮影した写真を掲載してもらい売れるとお気に入りの写真が収入になります。

例えば PIXTA(ピクスタ)では、誰でも写真・イラスト・動画の販売ができます。

クリエイターとしての会員登録は無料です。

会員登録が終了しますと、著作権や肖像権などの注意事項についての簡単な研修があります。理解度チェックを受けて合格しますと、写真やイラストのアップロードができます。

その後販売可能かどうかの審査を受けて合格すると、販売ができます。

販売できる画像には基準がありますので、ホームページをよく読んだうえで登録をしてくださいね。

販売サイトで掲載されている写真をチェックすると、同じ被写体でも撮影の仕方によって売れるかどうかが決まります。いろいろと写真の構図なども研究してみるのも楽しいですよね。

売れるとわかると、何気なく撮影していた写真も、撮り方を変えてみたり、枚数を多く撮ってみたり、また今まで意識していなかった物に関してもカメラを向けてみたりと、日々目にするものに対する意識も変わってくるかもしれません。

他にも販売サイトがありますから、いろいろチェックしてみましょう。

動画が収入になる!

町で見かけて面白そうだなと思って撮影した動画や、事故現場に遭遇してなんとなく撮っていた動画が、テレビ局などで採用されるかもしれません。

そのような動画を販売できるサイトがあります。

動画売買プラットフォーム【videocash】では、おもしろ&びっくり動画を募集しています。投稿した動画が採用されると収入になります。

自分で何気に撮影した動画があまりにおもしろかったり、びっくりした内容だったら、このようなサイトに投稿してみるといいでしょう。ペットの面白動画や、地域の珍百景、ユニークな自然現象など、日常の生活の中から、たくさんの題材が見つかるでしょう。

周りを見渡すと、案外笑えるものがあったりして、そのようなものを探して撮影をしていくのも楽しいですね。そして、収入になっていったら、うれしいですよね。

写真や動画を販売するときの注意点

写真や動画を販売するときは、あくまでも、オリジナルの物でなければいけません。また、肖像権もありますから、他人が映っている場合は許可をもらうか、ぼかしたりする加工が必要となります。

また、未発表の物に限ります。SNSにアップしているものについては、たとえ読者限定にしていたとしても、採用されないことが多いですから、事前に確認しておきましょう。

スマホで撮影したものについては、動画などは問題なさそうですが、写真については商用として大きく引き伸ばしてもOKな画素数を必要とするので、カメラで撮影したもの限定になることもあります。カメラ性能の高いスマホをお持ちの方は、スマホが使えるかどうか、しっかりと確認してから使いましょう。

まとめ

写真や動画などの趣味の作品が、収入になるのはうれしいですよね。

今後、写真や動画を撮影するときにも、売ることも考えたうえで見る人の視線になって撮影の方法を考えて、今まで以上に素晴らしい作品にしていきましょう。

撮りためた作品が、副収入になっていくとますます撮影が楽しくなりますね!