インターネットを介して、在宅ワークを受注できるシステムを多く見かけるようになりました。

ライターのお仕事など、自分が活動できる範囲で在宅でのお仕事を受けることができます。そのような在宅ワークができるクラウドソーシングについて、お伝えします。

クラウドソーシングとは?

最近よく耳にするようになったクラウドソーシング

クラウドソーシングって何?という方もいらっしゃるかもしれません。

クラウドソーシングとは、インターネット上で、仕事を探している不特定多数の人に対して、お仕事の内容と報酬を提示して仕事を発注することをいいます。

業種としては、ほぼ在宅ワークの内容となっています。

記事を書くライターの仕事や、WEBデザインなどホームページ作成の仕事、イラストや、体験談の記事の作成、またはデータ入力、アンケート回答、テープ起こしなどがあります。

例えば Bizseek(ビズシーク)があります。

システム手数料が業界最安値となっています。まずは自分ができそうな仕事があるか、チェックしてみましょう。

これならできそうというお仕事が見つかったら、会員登録をして、Bizseekに掲載されているお仕事から自分がやりたい仕事を提案し、採用の連絡が来るのを待ちましょう。

クラウドソーシングのサイトは他にも検索するといろいろあるので、チェックしてみるといいでしょう。

記事を書いて収入にする!

在宅ワークとして、ライターのお仕事があります。

記事を書くことが得意な方は、最初は簡単な体験談のお仕事から入るといいでしょう。指定された商品(化粧品など)を使用しての体験談の募集などがあります。

そのようなところから、記事の書き方などに慣れながら、さまざまなジャンルでライターとしてのお仕事をしていくのもいいですね。

また、サグワークスというライティングに特化したお仕事を紹介してくれるところもあります。

サグワークスでは、登録時に指定のテーマで1000文字程度のコラムを書かなければいけませんが、文章を書くことが好きな方は、挑戦してみたらいかがでしょうか。

テストに合格すると、ライターとしてのお仕事をいただくことができます。

運営スタッフが仲介として入るので、直接のクライアントさんとやりとりすることがないので、安心してお仕事ができます。

修正箇所などの指摘もいただけるので、自分の文章のレベルアップを図りながら、ライターとして経験を積んでいくことができます。

記事を書くことは、家事の隙間時間でもできますし、得意分野でしたら、時間も取らないかもしれません。

また、記事に膨らみを持たせるために、さまざまな知識を積んだり、日常の生活でも意識をして情報収集に努めたりしていくことも、生活に張りが出てきます。

ライターは、在宅で収入になるお仕事としては最適ですよね!

慣れてくると報酬も右肩上がりに増えていきますから、文章力に自信のある方はぜひ挑戦してみるといいでしょう。

クラウドソーシングでお仕事を受けるときの注意点

クラウドソーシングでお仕事をするときは、そのサイトの注意事項などをしっかりと読みましょう。疑問点などは、メールなどで確認をしたうえで、お仕事を受けるようにしましょう。

お仕事を受けたら、進行についての疑問点などは、メールのやりとりなどできちんと確認をして、できるだけ、やり直しなどの指摘がないように努めましょう。

また、締め切りの期日はきちんと守るようにしましょう。

また、記事はあくまでもオリジナルの記事で、記事中に使用する画像が必要な場合は、商用OKの使用を許可された画像、またはオリジナルの画像でなければいけません。著作権や肖像権などにしっかりと気を付けて、完成させましょう。

まとめ

ブログを作成したりと、記事を書くことに慣れている方も増えています。

自分が情報発信としてブログで書いていたような記事が、お仕事になり収入になるかもしれません。

記事を書くことが得意な方は、ライターとしてのお仕事に挑戦してみましょう

思わず、結構な収入になるかもしれませんよ(^^)