「脱毛」と聞くと、一般的には10代~30代の若い女性がやるものというイメージがありますが、ここ近年脱毛する年齢層がグンと広がる傾向にあります。40代~50代の中年層でデリケートゾーン脱毛(VIO脱毛)が増えているのです。

一体なぜお肌のピークもとっくに過ぎた年代が脱毛に興味を持ち始めたのでしょうか?現状を調べてみました。

デリケートゾーン脱毛の理由の一つはスポーツジムやスパで見られたくない

40代や50代の女性がデリケートゾーンの脱毛をやる理由の一つとして、スポーツジムやスパで他人に下半身のムダ毛を見られたくないというのがあります。

 40代ともなると、更年期による脂肪のたくわえや体力の衰えなど、健康やダイエットを意識してスポーツやスパに通いたいと思う人が多くなります。子育てが終わり、時間とお金に多少の余裕が出てくるのも後押しをしているでしょう。

しかし問題はぴったりとしたフィットネスウェアと着替えの時。水着からはみ出すのは恥ずかしいし、更衣室で着替える時にムダ毛を見られるかも…。

こう言った理由で脱毛に通い始めた中高年は少なくないそうです。

介護脱毛 もう一つの理由は老後の問題

もう一つの理由が、老後を考えての脱毛です。

日常生活の中で普通に動けている内はピンと来ないかもしれませんが、老いはすべての人に平等に必ずやってきます。でもいつか自分が寝たきりになってしまって、家族や施設の人に下のお世話をしてもらわなければいけなくなったら…。

自分が介護される立場になったときを想定し、その準備としてデリケートゾーンのヘアやワキ毛を脱毛する人が増えているのです。近年では「介護脱毛」と呼ばれている脱毛です。

あるアンケート調査によると、80~90%の人が「老後に不安」を持っており、70%以上の人が「いつかは介護されることを意識」しているとの結果が出ています。さらに40~50代女性の5人に1人が「介護脱毛」を希望しているそう。

老いへの不安から介護をされる日の羞恥心が生まれているのですね。

介護脱毛の必要性は?

介護の現場にいたり、これまでに介護をした経験のある方はご存知だと思いますが、ベッドで寝たきりになると自力でお手洗いへ行けないため、必然的におむつを着用することになります。当然ですが、おむつの中は排泄物でいっぱいになります。

ここに処理をしていないアンダーヘアがあると、中がムレたり、臭いがこもったり、衛生面でマイナス面が多いのです。不潔になるだけでなく、介護をする方にとっても何かとやりにくい面が出てきます。

さらに、デリケートゾーンに汚れが残ってしまうと炎症を起こし、感染症にかかってしまうリスクが高まります。

アンダーヘアをなくすのは、自分の体を守ること、介護者への迷惑を多少なりとも減らすことができる対策でもあるのです。

医療脱毛と永久脱毛のどちらでやるか

「デリケートゾーン」は体のほかの部分の皮膚とは質がちがい、とても繊細にできています。少しの刺激でも炎症を起こしやすい部位なのです。

皮ふへのリスクを考えると、医師が常駐しているクリニックでの医療脱毛が安全だと思われます。もし脱毛して肌トラブルが起きたとしても、通っているクリニックで対応できるからです。

また痛みに極度に弱い人は医療脱毛の方がよいでしょう。医療機関では麻酔を使用することができるからです。

ちなみにお金がかかるからとプロの手を借りずカミソリ等で処理するのはケガの元なので止めておきましょう。場所が場所だけに取り返しのつかないことになりかねません。

40代以上が脱毛をやるときの注意点

40代以上の人が医療脱毛をやるときは若い人とはちがう注意点があります。それは、脱毛したい部分に白髪がないこと。

理由は医療脱毛のレーザー光線は、濃い色、黒色メラニン色素をターゲットに反応させているので、脱毛したい部分に白髪が多いと、思った効果が得られないことがあるのです。

このことを考慮すると、介護脱毛は白髪がないうちに終わらせた方がよさそうです。

介護脱毛するなら おすすめ脱毛サロン

介護脱毛をしようと思ったとき、デリケートな部分の脱毛ということもあり、どの脱毛サロンに行ったらいいのか、考えてしまいますよね。

50代女性がデリケートゾーンの脱毛をするのに、評判が高い信頼できる脱毛サロンをご紹介いたします。

STLASSH ( ストラッシュ )

脱毛サロン「ストラッシュ」では、SHR脱毛という脱毛方法を取り入れています。レーザー式脱毛はどうしてもゴムではじかれたような痛みが伴いますが、SHR脱毛は、ほんのりと温かみを感じる程度の感覚で痛みがほとんどありません。

最先端の脱毛の技術を常に取り入れていますので医療関係者からも信頼をおかれている脱毛サロンです。クリニックと提携していますので、安心です。

2週間ごとの予約も取りやすく、短期間で終了が可能です。乗り換え脱毛もOKです。

会度脱毛を考えていらっしゃる方は、まずは、無料カウンセリングで相談してみましょう。

STRASSHの無料カウンセリングはこちら

Dione(ディオーネ)

ディオーネは敏感肌専門の美肌脱毛サロンなので、デリケートゾーンの脱毛も安心してお任せできます。特に肌への刺激が気になる部分の脱毛も、お肌に優しいハイパースキン脱毛方法で、VIO脱毛でも、ジェルの温かみを感じる程度で、ほとんど痛みを感じることなく脱毛ができます。

フォト美顔を3割含む方法なので、気になる黒ずみをケアされるので、美肌に導いてくれます。

Dioneの無料カウンセリングはこちら

介護脱毛におすすめ医療脱毛クリニック

介護脱毛は、デリケートな部分だけに、脱毛サロンよりはクリニックのほうがいいという方もいらっしゃいますよね。

介護脱毛のVIO部分の脱毛をやっている安心してお任せできる医療脱毛専門クリニックをご紹介いたします。

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、5年脱毛通い放題のコースがあり、施術回数にこだわらず、満足いくまで通うことができます。

VIO脱毛はきわのきわまで脱毛が可能で、ハイジーナ(無毛)脱毛もできます。

最新の脱毛機からさまざまな種類の脱毛機をそろえていますから、お肌の状態に合わせて施術ができますので、安心です。

また、脱毛サロンで納得がいかない方のために乗り換え割引もあります。

アリシアクリニックの無料カウンセリングはこちら

まとめ

介護脱毛が徐々に浸透していくにつれて、クリニック側もウェブ上に情報を掲載しており、最近では料金や施術の内容を調べるのもやりやすくなっています。

脱毛自体は恥ずかしいことではないので、もし興味があるなら一度お近くのクリニックに相談してみてはいかがでしょう。

やってみると案外サッパリして気持ちのいいものかもしれませんよ!