若いころはパンプスが当たり前だった50代女性は、外反母趾など足指の変形や痛みに悩まされてきた方も多いかと思います。

最近では、足の悩みを改善するコンフォートシューズが各メーカーでかなり開発されています。

無理に足に合わない靴を履き続けると、年齢を増すごとに、爪が変形して巻き爪になりやすく皮膚にくいこんで歩行困難になってしまう方もいらっしゃいます。自分の足の状態をしっかり観察して、足に合った痛みの出ない靴を選んでいきましょう。

おすすめのシューズメーカーや、足の悩みのお悩み対策の情報をお伝えしていきます。

足に合う靴とは、どんな靴?

おしゃれな靴を履き続けていて、足指に痛みが出ている方は、自分の足の状態を知り、足に合った靴を選びましょう。

では、足にあった靴とは、どのような靴をいうのでしょうか。

お近くの靴屋さんにシューフィッターがいらっしゃるのでしたら、シューフィッターの方に相談するのがベストですが、シューフィッターに出会うことがないという方でしたら、まずは、自分の足のサイズをしっかりと図ってみましょう。

足のサイズには、普段購入するときに選ぶ足の長さのサイズの他に、足の太さ(足囲)を知っておく必要があります。足囲は、足の親指と小指の付け根にある骨の出っ張りの部分を囲むようにぐるりとメジャーを回して測ります

靴のサイズ表をチェックするときは、足長と足囲があっているかどうかを確認しましょう。

どちらかといえばおしゃれなデザインの靴は、足囲が狭いE~EEが中心です。足の長さがあっていても、足囲のサイズが合わないと、足に痛みが出てきてしまいます。

最近では足囲3E~5Eなどの靴の販売も増えています。自分の足のサイズをしっかりと知り、足にあった靴を選ぶようにしましょう。

足の歩き方の癖などで、O脚やX脚になり、靴底の減り方に偏りがあるような方は、インソールで調節しましょう。

ドイツのぺダック社のペダックインソールは、世界50カ所で使われている安心設計のインソールです。ドイツは世界的に足の研究が進んでいて、その中でも確かな品質を誇っています。

おすすめコンフォートシューズ

コンフォートシューズとは、足の健康を維持できるように工夫された靴のことを言います。

靴の中にたまる湿気をうまく開放させてくれる素材を使用していたり、靴紐などで、足の締め具合を調節できるデザインがあります。

またしっかりとかかとをホールドする安定したヒールで足の靴のバランスを保つようにしています。

そのようなコンフォートシューズの開発にも力を入れているシューズメーカーをいくつかご紹介いたします。

ムーンスター

創業140年以上のシューズメーカー。「ラクに歩けて、うつくしい」がコンセプトのパンプス「SUGATA」シリーズは、屈曲性の良いボロネーゼ製法を採用。インソールは足裏形状に合わせたアナトミー設計で荷重を足裏全体に分散ています。

また、やみつきになる履き心地として人気なモックシューズなどがあります。

 

RANDA

大人かわいいトレンド靴なら、RANDA。

足幅ゆっくりな3Eシューズや走れる美脚パンプスが人気です。

 

REGAL(リーガル)シューズ・ストリート

シューズ・ストリートは、リーガルをはじめとする様々なブランドを展開する靴メーカー、 株式会社リーガルコーポレーションが運営する公式オンラインショップです。

自宅で自由に試着できます。(送料も返品も無料!)

 

アサヒシューズ

世界初!ひざのトラブルを予防するアサヒメディカルシューズやシニア向けの快歩主義など、足のトラブルにお悩みの方に最適な靴がラインナップされています。

巻き爪対策

巻き爪になる原因のひとつに、靴が足に合っていないということがあります。

合わない靴を履き続けると、足の指に過剰な力が入ってしまうため、親指の爪がまっすぐ伸びなくなり、巻き爪になってしまいます。また、歩き方に癖がある人も、親指に横から過剰な力が入るので、巻き爪につながってしまいます。

指に食い込んで痛みが出ている巻き爪をしっかりガードしてくれるゲルサポーターがあります。

巻き爪のせいで靴を長く履いていられないという方は、ぜひ試してみてください。

お気に入りの靴はどこで修理してもらう?

足に合ったステキな靴を見つけたら、長く履きたいですよね。

そんなお気に入りの靴の皮の色が剥げてきたり、靴底が減ってきたりして、修理に出したい時は、創業昭和43年の職人工房の「職宅便」が便利です。

修理してもらいたい部分の写真を送るだけで、無料で見積もりをしてくれます。

まとめ

人生100年時代を支えるためには、しっかりと自分の足で歩けることが大切です。

足の健康を保てるコンフォートシューズで、足指の健康をしっかりと保って、いつまでも快適な歩きを目指しましょう!